患者様のQ&A

 

 

 

 

Q 湿布は何時間位、効果があるのですか?

 

A 概ね、12時間前後です。

 

湿布には、パップ剤とプラスター剤の2種類があります。

 

パップ剤は、冷感と温感の2種類あります。当院では、冷感パップ剤をお出ししております。

 

これは、冷却効果がありますので、捻挫や打撲のような急性の怪我に有効です。

 

 

 

Q 治療は、どれ位の間隔で通院すればいいのですか?

 

A 初期の頃は、出来るだけ多く、ご通院頂き、症状が軽くなるにつれ、1日おき、3日おき、

 

1週間に1回、1ヶ月に1回というように、徐々に通院頻度を少なくされると良いと思います。

 

4~5日ご通院頂き。突然、中止される患者様もありますが、再発する可能性もありますので、

 

2~3週間経過していても、構いませんので、又、お出で下さい。

 

 

 

Q 日常で、してはいけない事がありますか?

 

A 安静第一です。痛みとは、人体の危険信号です。痛みのある時は、出来るだけ動かない方が

回復が早くなります。しかし、現実問題として、家事や仕事を全くしないのは、難しいと思います。

 

ですので、必要最小限の行動に止めて下さい。

 

 

 

Q 病院で検査を受けなくても大丈夫でしょうか?

 

A 当院では、医学的な検査が必要と認めた場合、村上記念病院をご紹介致しております。

 

しかし、接骨院における検査は、理学的検査法といいまして、レントゲンやMRIを

 

使わなくても出来る検査があります。膝に水が溜まっているか調べる、膝蓋跳動検査や

 

腰のヘルニアを疑う、SLRテスト、肩の棘上筋の損傷を検査するドロップアームサイン、

 

手首の腱鞘炎である手根管症候群のファレンテスト等です。これらは、日常よく使います。

 

しかし、これらの検査でも分からないような時は、患者様とご相談して、ご紹介させて

 

頂く事もあります。

 

 

 

 

 

 

新着情報

 

 

 

 

 

礒谷療法がYouTubeで、テレビ番組を2回、紹介されました。

 

 

検索は「東京女神コレクション 礒谷療法」

 

 

 

 

アドレスは↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=IWn-RNUuW6g&list=PLApjLSg2vagyaLGG4bdsZExW2-NzCVdtH&index=1&t=7s

 

 

 https://www.youtube.com/watch?v=cEWM5eSU6GQ&list=PLApjLSg2vagyaLGG4bdsZExW2-NzCVdtH&index=2

 

 

 

 

 

 

 

 

御予約メニューを

 

追加致しました。

 

 

 

 

エキテンのサイトに登録致しました。

 

 

 

ダウンロードのページを追加しました。

 

 

礒谷要図をダウンロード出来るように致しました。